野田藤・藤庵の庭(下福島公園 福島4丁目)

野田藤は600年の昔、花の美しさが名高く、吉野の桜か野田の藤と歌われていた。「紫の雲とやいはん 藤の花 野にも 山にも はひぞかかれる」足利義詮のうたが残され、代々受け継がれてきた藤庵は道路予定地となって撤去され、現在地に昭和48年2月復元された。