婦人の集い アイーダ観劇

観劇の前に先ずは腹ごしらえ
観劇の前に先ずは腹ごしらえ
ごちそうさまでした
ごちそうさまでした

アイーダ」は、エルトン・ジョンとティム・ライスがコラボレートした作品としては、「ライオン・キング」に次ぐものです。

互いに抱く愛と、自国民への愛の板ばさみに苦しむアイーダとラメダスの物語は、歴史上繰り返されてきた物語です。9・11の前年に「アイーダ」がブロードウェイで上演されたように、舞台も映画も小説も、時代が求める作品は不思議と世相にシンクロすることがあるという。イラク戦争開戦の年に始まり、エジプト民衆革命の年に初演の地・大阪へと再び戻った劇団四季「アイーダ」は、どのようなメッセージを発したのだろうか・・・。

(パンフレットより抜粋)